Wednesday, September 27, 2006

Hampstead Morning Class - ハムステッド朝のクラスより




先日のぺージにも書きましたが、先週からハムステッドで朝の教室が始まりました。内容は、ブルームスブリーのイブニング・クラスと同じ。でも実はハムステッドの朝のクラス、’超’のつくほど小さな教室で、先週ご参加頂いたのは二人という状態でした、、、。というわけで、お二人とも、机を広々使ってのアレンジ作製となりました。この日のテーマは、ラウンド・アレンジメント。ディナー・テーブルや少々低めのコーヒーテーブル等に最適なデザインです。もちろん、バスケットの中に作れば、すてきなギフトへと早変わり。花屋さんで働いているときも、たくさん作らせていただいたものです。
右上の写真は、めぐみさんが作られたアレンジ。弁慶草の中に、少し変わった色目のカーネーションが光るデザインで、ピンクを基調としながらも、甘くなり過ぎていない個性的な仕上がりになっているのではないでしょうか?
次の写真は、リカさんの作品。白と赤の組み合わせにする予定ではなかった、とは本人の弁。でも、とても上品で落ち着いたデザインになっているのでは?トルコ桔梗が優しく揺れる姿を、是非見ていただきたかったです!
As I mentioned yesterday, the Morning Class has started in Hampstead. The course structure is exactly the same as the evening one in Bloomsbury. However, there is a noticeable difference; it was a SUPER small class with only 3 of us in the room! Good thing was that everyone used a big worktable all for oneself.
The theme was Round Arrangements. It is a suitable design for dinner tables and low coffee tables. Of course, it can be a gift, especially when it is made in a basket or something. I cannot remember how many round arrangements we made in flower shops...
The picture above is from Megumi. With Sedum and unusual Carnations, Megumi creatd sweet but not-too-feminine design. It had very interesting texture, visual depth and its CHARACTER.
The next design is from Rika. According to Rika, it was not her first choice to use white and red together. Although I myself is not a big fan of this combination, it did look stunning. I wish you could see the elegant movement of white Eustoma!

2 comments:

Megumi said...

カズさん、ラウンドのお花の作り方を教えてくださってありがとうございます。カズさんの教室に初めて参加しましたが、本当にゆっくりと時間をかけて丁寧に教えていただき、あせらずにお花と向かいあうことができました。実は初めて花材を自分で選ぶので、とっても心配でしたが、ひとつひとつお花を選んでいくうちにイメージが少しずつできてくるものなのですね。カズさんやほかの生徒の皆さんの作品を見せていただくと、色や素材のつかいかたが素敵で、同じラウンドでもいろいろアプローチがあるんだなと勉強になりました。まだまだ初心者ですが、これからも頑張りたいと思います。

Kazu said...

めぐみさん。お礼を言いたいのはこちらのほう。優しいアレンジを作ってもらって、ありがとう。本当にそれぞれ個性が出て、同じデザインでも全く違ったものですよね。毎回驚きと感動、新鮮な気持ちをいただいています。ゆっくりと花と向きっていただけたとのコメント、本当に嬉しいです。きっと、教会の持つ穏やかな空気のおかげでしょうか?それでは、ゆっくりと、楽しい時間を過ごして来てくださいね。教室で、いつでもお待ちしています。